バイク

バイク車検とは?

バイクも自動車と同じく、251cc以上のバイクは2年ごとに車検義務があります。
(※現在新車購入の場合、初回車検は3年目です。)

バイクに乗っている人は、車に乗っている人よりも愛着をもって乗っている方が多いのでユーザー車検を受けられている人も多いのではないでしょうか?

ユーザー車検の場合

重量税 + 自賠責保険 + 検査料(証紙代)+ 申請書(用紙代) の法定費用と必要経費で約27000円と、交換が必要な部品代だけで済みます。


一般的にハーレーなどの輸入車は国産の大型バイクより、費用が高くなると言われています。

上記の法定費用や、代行手数料はそれほど違いがありませんが、消耗品などの交換パーツ代や、整備費用が高くなるため、合計した場合10万円を超すことも珍しくありません。

もちろん走行距離によっても、交換部品が必要か変わってきますので、走行距離が多い人は15万円くらいかかる場合もあります。


安いバイク車検を安心して受けるには

ユーザー車検に自信がない場合

バイクの車検を安くしようと思えば、自分で陸運支局に行きユーザー車検を受けるのが一番ですが、整備に自信がなかったり、平日に休みが取れなかったり、プロの整備で安心して乗りたい人は代行手数料や整備代を払いディーラーなどのバイクショップに依頼することになります。

民間車検工場がお勧め

バイクショップといっても、いろいろあります。

  • @ユーザー車検を代行する認証工場
  • A運輸局から指定された民間車検工場
  • B認証工場でも民間車検場でもないバイクショップ

走行距離も短く、安く車検を通そうと思うなら@の認証工場でもいいかと思います。

では、なぜAの民間車検工場がお勧めなのか?

  • @平日・土日関係なく車検を受けることができる
  • A立ち会い点検しているところが多い ⇒ 説明を受け自分の判断で整備を頼める

この2つが大きな理由ですが、料金や整備内容はお店によっても違ってきますし、何より整備士(メカニック)の腕にかかっているところが大きいです。

長い目で見た場合、プロに整備をしてもらう方が安心できますので、良いお店探しが重要になってきます。

私は、近くのホリデー車検さんにお願いしていますが、費用を安くするために、出来る整備はぜんぶ自分ですることを心がけています。